青年会議所って何のこと?



各地でよく耳にする「青年会議所」の歴史の始まりは、
1949年に青年有志が「東京青年商工会議所」を設立したことに始まります。
この活動に賛同して、全国各地で活動の輪が広がっていきました。
こうした動きを受けて、1951年に全国機関として、
日本青年会議所が設立され、国際青年会議所との交流の拠点、
また、募金活動やボランティアの中心として、
リーダーシップを担う人材の育成機関として歴史を刻むこととなりました。

全国組織を核とし、全国各地に青年会議所が設けられており、
修練・奉仕・友情の3つを信条として活動を行っています。
活動の公益性の高さから、公益社団法人として認められています。

組織の仕組みは、会員の資格として、
20歳~40歳で社会のリーダーを目指す品格ある青年
という条件が設けられている以外は、
人種や国籍、性別や職業などに関係なく入会することができます。
若いメンバーが精力的に活動を行うという趣旨となっており、
組織の役職の任期は全て1年単位の仕組みとなっています。
1年ごとにさまざまな役割を担う仕組みにより、
自己修練を積み重ねることを目指しています。

40歳を超えた会員は会議所を引退していくこととなりますが、
青年会議所での経験を踏まえて国会議員などの要職に就く人も多いといわれています。
青年活動としての歴史や実績が重ねられた一方で、
市町村の再編などにより、近年は会員の数が減少傾向にあるとされています。

おすすめ記事

青年会議所に入ると辞められない?